メインコンテンツ

売却を考えたら

マンションの売却を考える理由は実にさまざまで、家族が増えて現在のマンションでは狭いとか、逆に高齢の方で子供達も独立し部屋が広すぎ、掃除や管理をするもの大変なのでもっと狭くても利便性がよく、多少の介護サービスが付いていた方がよいなど自分達のライフスタイルによって買い替えをする方が多い中、転勤などの場合は多少リスクはありますが戻ってきたときの事を考え売却よりも貸し出しを選ぶ方が多いようです。もちろん自分が住んでいるマンションではなく、遺産であったり、投資目的として購入し貸し出ししていたマンションを売却する方々もいらっしゃいます。まず、売却を考えたら売却理由からいつまでに売りたいのか考えて大体の売却期間を決めてから、不動産会社にマンションの査定をしてもらいましょう。しかし、マンションの査定といってもまだ不動産会社を一つに絞る必要はありません。もし近くの不動産会社などにいってマンション査定をお願いしたときにすぐに媒介契約書を記入するように言われた場合は特に注意しましょう。

マンションの査定は契約をしなくても行ってもらえますし、査定金額も不動産会社によって多少異なる上、其々不動産会社の得意・不得意な物件もありますので複数の不動産会社にお願いした方がよいでしょう。もし、初めから1社に査定をお願いする場合は自分の持っているマンションで別の部屋を売った事のある不動産会社かその地域のマンション売却に強い不動産会社を選びましょう。また、媒介契約には種類が幾つかあり、どれも基本的に契約期間は3ヶ月で依頼者が希望すれば更新もできますが、其々メリットとデメリットがありますのできちんと検討してから契約を結ぶようにしないと契約の違いなんてわからないだろうと一方的に専属専任媒介契約を結ばれてしまう事もありますので気をつけましょう。

3つの媒介契約

マンション 売却媒介契約の種類は専属専任媒介契約と専属媒介契約、一般媒介契約の3種類があります。其々の特徴として専属専任媒介契約を結んだ場合、依頼者は他の業者に媒介を依頼する事は出来ない事になっており、他の不動産会社に依頼した買い手だけではなく自分で見つけた買い手とも契約をしてはいけない事になっています。もし、どうしても他社もしくは自分が見つけた買い手と契約をしたい場合は専属専任媒介契約期間が切れた後にするか、もしくは違約金を払う事によって契約をする事ができます。専属専任媒介契約を結んだ不動産業者は3日以内に不動産流通機構の物件を登録し、週に一度以上現状を依頼主に文書で報告する事になっているので、報告する事が無いという状況にならないよう積極的に動いてくれますが、逆に競争相手がいないぶんきちんと報告書を見て疑問な点などがあったら質問するなどしないと毎回同じような報告書が来るだけで、ほったらかしにされるといったケースもあります。専属媒介契約は専属専任媒介契約同様に他の業者に媒介を依頼する事は出来ませんが、自分の探した買い手とは違約金を払わなくとも契約する事が出来ます。ただし、その際は不動産会社に今までかかった活動費を支払うことが必要です。専属媒介契約を結んだ不動産業者は7日以内に不動産流通機構の物件を登録し、二週に一度以上現状を依頼主に文書で報告する事になっており、一般媒介契約の場合は複数の不動産会社に媒介を依頼することが出来ます。契約を結んだ不動産会社は依頼者に経過報告する義務はありませんが複数で営業するので窓口が広くなる分、引き合いが増える可能性もあります。もし売買契約が成立した場合は速やかに依頼したすべての不動産会社に報告をしましょう。